介護の現場から

ようこそ

デイサービス職員による情報サイト。
施設のサービス内容や、スタッフの働き方についてご紹介しています。デイサービスで働く看護師の仕事内容にもクローズアップしているので、看護師さんor看護師志望の方にもぜひ見ていただきたいです♪

デイサービスで働く看護師と介護士

デイサービスで利用者のケア業務の中心を担う看護師と介護士。一見似ているように見えますが、その業務内容にはどのような違いがあるのでしょうか?また、仕事以外にも給与面などで大きな違いがあるようです。看護師と介護士、それぞれの特徴をクローズアップしてみましょう。

行なえる業務の違い

看護師と介護士の大きな差…それは業務の中に隠されています。看護師だけが持つ「特権」、そして介護施設で大きな役割を担う介護士の「強み」とは?また介護と看護を兼ね備えた「介護系看護師」が求められているのも、最近の介護業界での特徴です。日本は超高齢社会を迎え、介護ケアニーズはますます高まっています。その中で、看護に特化した人・介護に特化した人はもちろん、介護と看護の両方に通じている人なら更に幅広い活躍ができそうですね。
ここでは看護師・介護士のポジションや仕事内容についてご紹介します。「介護施設で働いたことがない」という看護師さんにも注目していただきたいところです。

デイサービスでの給与の違い

給与(賃金)とは、「労働の代償として、使用者が労働者に支払う報酬のこと」をいいます。いたってシンプルですが、労働の内容によって報酬の額は違うものです。同じ施設で働いている看護師と介護士ですが、給与の面では差があるようですね。
ただ、気になるのはやはり給与と仕事のバランス。看護師は病棟のように医療処置でバタバタすることは少ないようですが、ゆとりがある分お給料もちょっと低くなってしまうことも?また、バランスについては介護士にも同じことがいえます。介護士という資格に対して、給与は十分に反映されているでしょうか?
給与について、私の施設で働いている看護師&介護士の両方から意見をまとめてみました。デイサービスの給与について、参考にしていただければ幸いです。

介護職から看護師への転職方法

介護士の中には、更なるステップアップを目指して看護師へ転職する人も少なくありません。始めは介護士として頑張っていた人も、実際に介護ケアの現場に触れて、看護師という職業に魅力を感じることも多いようです。ここでは介護士から看護師へと転職を成功させ、私達の施設で働いているスタッフにインタビューをおこなってみました。そのスタッフは介護士として働いていましたが、看護学校へ通うために施設を退職して、見事看護師の国家資格をゲット。夢をかなえていきいきと働く姿に、こちらも励まされます。
また、忙しい毎日の中で看護師として転職する際には、看護師の転職サイトを活用することもポイントのようです。これから看護師を目指す人や、介護士から看護師への転職を目指す人にチェックしてほしいと思います。
  • おすすめ Pick Up

    デイサービスの看護師が担う仕事

    入院患者ではなく、日帰りの利用者をお預かりするデイサービス。デイサービスの看護師の仕事は、病棟とはどのような違いがあるのでしょうか?日常の健康管理から、万が一の救急処置、施設内における感染症対策など、高齢者が集まる施設で看護師がおこなう仕事をまとめてみました。デイサービスで働いてみたいと考える看護師さんはぜひチェックしてみてください。