介護の現場から

ようこそ

デイサービス職員による情報サイト。
施設のサービス内容や、スタッフの働き方についてご紹介しています。デイサービスで働く看護師の仕事内容にもクローズアップしているので、看護師さんor看護師志望の方にもぜひ見ていただきたいです♪

デイサービスの機能訓練

自立に近づくための機能訓練

機能訓練とは、「日常動作に真似た運動を行なうことで、日常のことをスムーズにおこなうための訓練」をいいます。
ちなみに、よく聞かれるのが、「リハビリと機能訓練ってどう違うの?」というお話。一般的には下記の考え方で区別しています。

・「リハビリ」…常勤の医師や作業療法士・理学療法士など専門職のスタッフが携わる訓練。老人保健施設やデイケアでの訓練がリハビリにあたる。
・「機能訓練」…専門職がいなくても行なえる、広い意味での訓練。

デイサービスの機能訓練ではタオル・棒を使った体操でADL(日常生活動作)を意識したトレーニングを行なったり、家事の訓練、話したり聞いたりといったコミュニケーションの訓練を行ないます。利用者ひとりひとりに合ったメニューを作り、無理なく訓練に励んでもらうのが施設の役目です。

機能訓練指導員のお仕事

老人ホームやデイサービスに1人以上の配置が義務付けられている、機能訓練指導員。機能訓練指導員になるためには、下のいずれかの資格が必要となります。

CHECK!機能訓練指導員に必要な資格
①理学療法士 ②作業療法士 ③言語聴覚士 ④看護師(正・准) ⑤柔道整復師 ⑥あん摩マッサージ指圧師 のいずれか

機能訓練指導員の仕事内容は、その名のとおり利用者に適切な機能訓練を行なうこと。個人に合ったトレーニングメニュー(通所介護計画)を作り、利用者やご家族と相談して、無理なく訓練をしていきます。また定期的に利用者の体力測定を行い、その結果を見ながらトレーニングに調整を加えます。利用者の状態を見ながら、計画的に、かつ柔軟さをもってトレーニングを行なうことが大切ですね。

利用者とのカウンセリングも大事

「入浴の時に転倒が心配で、入浴することが億劫」「あごを鍛えて、しっかりご飯を食べられるようになりたい!」
利用者が施設を利用するにあたり、スタッフはさまざまな悩みや期待をお伺いして、それを元に介護計画を練っていきます。また、ご家族とのコミュニケーションもポイント。特に認知症の利用者の場合は、いつも生活を見守っているご家族の意見に耳を傾けることです。この最初のカウンセリングが、デイサービスを利用する上では大事なポイントになります。第一印象を大切にして、何でも意見を言ってもらえるような、あたたかい雰囲気のスタッフであることが望ましいですね。
また、機能訓練の間にも定期的にカウンセリングや体力測定をおこない、調整するところをきちんと調整していくなど、臨機応変な対応が必要です。

  • おすすめ Pick Up

    デイサービスの看護師が担う仕事

    入院患者ではなく、日帰りの利用者をお預かりするデイサービス。デイサービスの看護師の仕事は、病棟とはどのような違いがあるのでしょうか?日常の健康管理から、万が一の救急処置、施設内における感染症対策など、高齢者が集まる施設で看護師がおこなう仕事をまとめてみました。デイサービスで働いてみたいと考える看護師さんはぜひチェックしてみてください。